TOP < 大きなお役と大志
小さなお寺の大きなお役と大志
小さなお寺

 上総寺はお不動様の導きにより、建立されたお寺という経緯のため歴史も浅く建立当時より、華やかな大伽藍や立派な施設とは全く縁の無い、粗末な構えの小さなお寺ですが、大きなお役 と 大きな志を持っています。

大きなお役目
上総寺はお釈迦さまのお導の真意を実践するお役

・ お寺で経文を聞き、祈っているだけで自分や社会が良くなるのでしょうか ?
・ 経文を唱え、祈っているだけで悪事、飢餓、戦争が無くなるのでしょうか ?
・ 自分達の宗教、宗派が一番だ、他はダメと言う教えは正しいのでしょうか ?

 文明、科学が発達し物資豊かな現代社会における我が国のお寺の存在、活動は仏教本来の教えである、御仏の導き、教えを実践する場とはほど遠い、宗派争い、葬式中心仏教、檀家依存の体質となっています。
人は明日のことはわかりません。
過去を大切にして、未知への不安、苦難を試練に変え、明日に向かって生きる、夢、希望を実現するための勇気と知恵のお導きが本来の仏教なのです。

 上総寺はお不動様のお導きにより、お釈迦様の教えを験修、実践する根本道場して、迷える現代仏教界に指標を示す先達としての 大きなお役 を授かり建立されました。

大  志

 お釈迦様の教えはお経を唱えたり、聞いたり、書いているだけで身に付くのではありません。
教えを勇気を持って実践、実行した時に本当の教えとなるのです。

 この尊いお導きを悩み苦しみ、迷い、求め、夢と希望に向かって生きる世界の人々にお伝え出来るように日々研鑽、実践し、ご縁を頂いた皆様と共に全世界の人々の平和な生活の礎となることが日本の小さなお寺、成田山上総寺スタッフの大きな志でございます。